SHIINBLOG

ハマりやすい「とおちゃんの日々」

読書、ゲーム、仮想通貨、ギャンブルいつまで経っても子供じみた趣味全開のおっちゃんがお嫁さんの激怒に恐れおののきつつ日々を生きていくブログ

Nintendo Labo 後日追記あり

4/20の金曜日、Amaxon限定のNintendo Labo ~バラエティセット~が届きました。

限定品は限定のマスキングテープとダンボーの段ボールですが正直限定盤はいらなかったかもしれません。今後プレミアム価格がつく可能性に欠けて大事に取っておきますか。

 

翌日の土曜日に子供たちにNintendo SwitchNintendo Laboを見せました。思ったほどの感動はなかったのが残念です。実際には作り始めたら真剣に楽しんでいました。

 

 

作品

リモコンカー(2018/4/21)

とりあえず順番通りに作品を作り始めました。小学生低学年の子供が主に作りましたが大体15分程度で作ることができました。子供たちはリモコンを押すことでリモコンカーの単純な段ボールが進むのが不思議なようです。また左右のリモコンの「押す」と「押さない」の違いで進行方向が変わり曲がることができるので楽しんで遊んでいました。

 

物の仕組みを口で説明することは困難ですが、実際に作って、動かしてみることで非常に興味を引くことができました。(計画どーり)

 

欠点としては振動で進むので非常に音がうるさいことです。妻はテレビゲームは視力が悪くなるのを心配し、子供にあまりやらせたくないそうで機嫌が悪くなりました。

つり(2018/4/21)

機嫌が悪くなった妻は娘を連れて買い物に行ったので残った息子たちと今度はつりを作り始めました。こちらはパーツも多く残った子供たちでは作成時間は1時間ほどかかりました。小学1年生の息子はゴムの力で車軸が回転し釣り竿のレールが戻るのを楽しんでいました。できるだけ大きな魚を釣ろうと頑張っていました。

 

f:id:takeshi-suzuki:20180422220043j:plain

魚釣り
おうち(2018/4/22)

 翌日の日曜日、午前中に布団からたたき起こされたとうちゃん。

子供たちに朝ご飯を食べさせ早速「おうち」づくりがスタートです。こちらもパーツ数が多く作成には1時間ほどかかりました。

「おうち」の内容は子供たち3人が画面に食いついてはなれないためしっかりと見ることはできませんでしたが製作途中で作ったパーツをおうちに差し込むことでいろいろなアクションができるのが不思議そうでした。

輪ゴムを使ったねじのアクションは説明しやすいのですが、スイッチのリモコンから出る赤外線、それに伴う反射板の役割はちょっと理解するのが難しいようです。

しかしゲームができるので子供たちにとっては全く何も問題はなかったです。

f:id:takeshi-suzuki:20180422220032j:plain

おうち